なぜこのサイトを立ち上げる事にしたのか

ーーー衝撃だった。

日本人女性に振られ続けカス扱いされた自分が外国人女性にはなぜかモテ始めた。最終的には10歳下のフランス人女性と結婚することになった。
一体なぜこんな摩訶不思議なことがおきたのか当ブログではその一部始終をあなたにお伝えします。

マクロン
マクロン

こんにちは、弊サイト運営者のマクロンです。弊サイトの立ち上げのきっかけの説明にあたり私の自己紹介からはじめます。

マクロンのざっくりプロフィール

物販ビジネスの個人事業主
東京での会社の床で寝る社畜生活がたたり身体を崩し、実家に身を寄せて失業保険をもらいながら体力を回復させ物販ビジネスで身を立て直す。

趣味:ボードゲーム・読書・料理・漫画・アニメ・美術館巡り

会社員をクビになりました

新規事業開発部署という非定形の仕事ばかりの部署を渡り歩いていました。転職時の面接では毎回、『睡眠時間はしっかり取れますか?』というものだったのですが、4社ほど経験してみて、事業立ち上げの部署では満足に睡眠を取ることは難しいなと悟りました。当時は大学時代から付き合っていた彼女と遠恋をしていたのですが、肉体的にも精神的にも追い込まれたた自分は、長時間労働をなじられた彼女に対して衝動的に別れを切り出しました。

マクロン
マクロン

当時は『いまはキツイけど新規事業開発部署で経験を積めば起業の成功確率があがる!』と考えて自分を鼓舞していましたし、自分の足を引っ張るような発言をするサゲマンとはお別れだ!と認知的不協和を解消するようなヤバい思考回路でしたね。

平日は床で寝て、土日はずっとベッドの中で睡眠。たまに元気な時は風俗でストレスを発散させる。そんな無茶な生活も長くは続かず、身体を崩して会社をクビになりました。クビになった会社から、親に実家で休ませて欲しいと泣きながら電話したのはいまでも覚えています。

マクロン
マクロン

4社目の手取りの給料は悪くはなかったんですが、ストレスたまりすぎて外食と風俗とで全然貯金貯まらなかったですね…。むしろ、実家に引越す費用と賃貸マンションの違約金のお金が足りなくて親から借金しました。

実家で避難生活→物販ビジネスで身を立て直し個人事業主へ

失業保険の恩恵に預かりながら毎日12時間近く寝て、近所の公民館のジムに通いながら体力気力を回復させていきました。ひょんなことから転売ビジネスに出会い、なんとか支出を最低限にすれば食べていけるような状態にもっていきました。

アプリで日本人相手に婚活するも上手くいかず

大学時代の彼女と別れて以来その後はちゃんとした彼女付き合いをせずに社畜を続けた私は気がつけば30歳を超えていました。転売ビジネスの稼ぎで月2回ぐらいなら女性に食事代とラブホテル代を出しても大丈夫な状態になった自分はアプリで(日本人をターゲットに)婚活をしはじめましたが、自営業者と名乗って会う場合はよほど金銭的な余裕がある状態でないと結婚を考えてはもらえません。

マクロン
マクロン

1年ぐらい鳴かず飛ばずでしたが、漸く付き合うことができた女性にも1ヶ月ぐらいほどして『その年齢でその年収だとやっぱり将来が考えられない』と言われて振られました。

中国人女性とのロマンスをきっかけに外専婚活戦士へ

仕事で中国に行きAirbnbを利用したことがありました。その同じAirbnbの別室に中国人女性がいてお互いに旅行中という非日常なのもあってかワンナイトラブに成功しました。その中国人女性に日本に帰ってからも猛アタックされ私はこう思うようになりました。

マクロン
マクロン

日本人女性との婚活は諦めよう。外国人女性にターゲットを絞れば日本人バリューでワンチャンあるかもしれない。だめならインドに渡って新聞広告で見合い相手を募ろう。

そうして私は外専婚活戦士へと転生したのです。

紆余曲折を経て10歳年下のフランス人女性と結婚

出会い系アプリやこれまで出会った外国人女性のFacebook連絡等持てるリソースをフル活用して外国人女性とのアポイントを重ねました。言語の壁や宗教の壁もあり、すんなりと成功したなんてことはなかったのですが、日本人女性から尋ねられる、『毎月いくら稼いでるの?年齢相応の資産あるの?』というような質問が全くされませんでした。アポイントで負けても諦めずここで戦い続けることに決めました。

努力の甲斐があり、現在10歳年下のフランス人女性と日本で暮らしています。彼女は私の貯金額や収入額を聞いてきませんし、ビジネスの内容についても詳細を尋ねることはありません。大黒柱としてお金を稼ぐ事が大事なのでそこから逃げるわけではありませんが、妻がお金の面であまり細かいところを気にしない事もあり、自分のビジネスにフォーカスできています。

友人達に外国人女性との婚活を勧めていたらブログを勧められ…

新型コロナの経済的な危機によって、私の友人達の中にも経済的に厳しくなってきてしまった人が少数ですが増えてきました。(執筆時点:2020年5月)結婚を考えていた彼女から別れを切り出された友人もいます。そういった友人達を元気づけるべく私は半分冗談のつもりで『日本人女性が嫌になったら外国人女性にアプローチしようよ』と言い続けていたら『確かにマクロンでもいけるなら俺もやれないこともないな』と前向きになってくれました。また、『話しているノウハウをブログにまとめたら喜ぶ人たくさんいるんじゃない?』とも。

こうして私は、コロナ禍によってかつての私に似た状況に陥って婚活に窮している日本人男性もこれから増えるだろうと思い筆を取ることにしました。私の妻との出会いや結婚は運の要素ももちろんありますし、コロナの影響で外国への移動は制限されているのですが、再現性がある部分もあろうかと思いますので参考にしていただければ幸いです。

マクロン
マクロン

ではよい婚活を!ボンジョルネ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました