外国人女性と結婚する上で受け入れるべき努力事項7つ

外国人女婚活に
外国人女婚活に

外国人女性と結婚して一緒に生活するとなると、色々苦労が多そうだな…自分にできるのかな…。

不安ですよね。そういった疑問にお答えします。
今回は自分なりに整理して7つほどピックアップしていきました。今後もっと増えるかもしれませんが。日本生まれ日本育ちではない外国人女性との結婚生活ならではの話をします。

ひとつひとつ見ていきます。

1.細かいニュアンスが伝えられなくてもOKと思いましょう

まずは言語系ですね。これは当然といえば当然ですが、お互い第二言語である英語でコミュニケーションする場合は、母国語ほどの細かい話ができませんので、細かいニュアンスの共有やその国での文化的なコンテクストを背景とした会話が難しいです。また病気などに関する難しい単語についてもお互い英語でコミュニケーションするのはリスクが伴います。(日本人同士でも背景知識のギャップがあるとありますよね)こういう時はDeepLを使って翻訳してコミュニケーション取りましょう。そしてこういう難しいけれど、重要な事柄に関しては、LINEのNote機能やカップル用の記録アプリなどにしっかり文章を保管しておいて見返すことのできるようにしましょう。私はLINEのNote機能を使っていましたが、作成者しか中身の編集ができないなどの不便を感じてます。カップル用のアプリもいくつか現在使っていますので、オススメのアプリなどありましたら別途記事を書かせていただきます。

2.日本語を一緒に勉強する時間を確保しましょう

日本に妻を連れてくる場合は、英語メインでコミュニケーションを取るにしても、日本語学習が必須です。なぜなら、一人でコンビニやスーパーで買い物をこなしたり病院に行ったりすることもありますし、なにより配偶者ビザや永住権獲得のために日本語能力が求められるためです。

普段英語で生活してて不便がないのに、それとは別に日本語を勉強するというのは女性に相当な負担を強いることになります。夕食後に一緒に勉強するとか、就寝前は必ず一緒に勉強するなど、言語学習は間が空いてしまうとリスタートするのにしんどい思いをしますので、毎日無理なく時間を割いてください。おすすめは、食事中に日本語で料理に関する質問をしたり、今日は何をするの?とか昨日は何をしましたか?などと質問を定型化することです。

外国人妻の日本語学習は妻のメンタルヘルスに占める割合が割と大きい分野です。私の妻も学習中ですので、このあたりについても知見が深まりましたら別途記事を書かせていただきます。宜しくお願いします。

3.漫画や映画などの娯楽コンテンツの共有が制限されます

またまた言語系ですが、私達夫婦はNetflixで日本語音声&フランス語字幕もしくは、フランス語音声&日本語字幕などの映画やドラマを見てリラックスする事が多いのですが、Netflixなどもサービス利用地域によって言語サービスが制限されているみたいです。また、漫画にいたってはフランス語化されている漫画も制限されてますし、妻はそもそも漫画を読んで育ってないのであまり読む習慣がないという…。

私は自分の娯楽をあまり他の人と共有する趣味がなく、◯◯って面白いよね!って言い合うだけで満足する人間なのでそこまで現在の状況に不満はないのですが、沢山語り合いたいという人は友人と語るように機会を設けるのがいいと思います。

話戻しますが、NetflixについてはVPNを使って、その地域のNetflix環境を再現するようなテクニックも(おそらく)存在すると思いますので、実践しましたらレポートしたいと思います。

4.家事を一緒にしましょう

忙しい経営者男性や睡眠時間をけずって仕事をする人は、男子が稼ぐので女性には家庭運営全般を行って後方支援で動いてほしいと思っている人も多いでしょう。ただ、外国人女性が日本に来日して一緒に生活する負担というのは相当に大きなものがあります。見慣れない食材・使い慣れてない調理器具や家事の道具・気候の変化・気圧の変化・・・などです。最低1年ぐらいは外国人妻と一緒に食事を作ったり買い物に一緒に行ったり掃除したりして日本の生活に順化するのをサポートしてあげてください。そして、妻が求める省力化のためのグッズや家電製品はなるべく買ってあげて肉体的・精神的負担を和らげるようにしてください。もし失敗してもネタにしたりメルカリで処分すれば経済的負担は軽減されますから。

話逸れますが、外国人妻がメルカリで日本人に販売できるスキルみについたらすごくよくありませんか?

5.食生活や食文化が異なるのを受け入れましょう

これは結婚前に確認できることではありますが、宗教的・思想的・体質的に外国人妻が食べられないものやどうしても食べたいものってありますよね。私の妻はヴィーガンライクな生活を送っているので家畜肉を全く食べません。魚は食べるのですが。また、日本には売っていない調味料や食材などを使った料理を求めますし、日本で買うと値段のはるチーズ類なんかもよく好んで食べています。この辺りは割とお金のパワーで解決するところが多いですが、男性側にも制限がかかることもありますのでそこを受け入れるのか折衷案を考えるのかしっかり話し合いをしてくださいね。

ちなみに私の妻は私がお肉を調理するとすごく嫌がるので私は家で肉料理をすることはなくなったのですが、一緒に行ったレストランで肉を食べるのは受け入れてくれてます。

6.入籍手続き・ビザ申請・永住権申請などの手続きが大変

これはちょっと苦労する部分もあります。会社員勤めだったら有給休暇取らないとクリアできない課題もありました。(東京にあるフランス大使館に直接行ったりしました)
このあたりの手続きについては大使館の一次ソースや行政書士などに相談して進めていきましょう。例えば私の場合、入籍手続きに関して、インターネットの記事や本で書いてあることと違うプロセスで入籍手続きが進みました。(大使館とのやりとりが郵送で全部完結すると書いてあったのに直接行かないといけなかったことですとか)

7.メンタルヘルスのケアをしっかりがんばろう

外国人女性がメンタル的に弱いとかそういう意味ではないのですが、育った故郷から日本に嫁ぐというのは相当な負担があると思います。フランス人がドイツで暮らすのもそれなりに大変かと思いますが、気候の違いがそれほどないことや食材も大体同じのが揃いますし、生活様式もそれほど変わりませんし陸路で故郷に気軽に戻れる安心感もあります。一方で、日本という世界で特殊だと言われている社会にいきなり住み始めるのは、あらゆる面で大きな変化を強いられます。

自動車整備士になったつもりでといいますか、文字通り毎日外国人妻のメンタルを整備するつもりで沢山会話をしてください。

以上が外国人女性と結婚する上で受け入れるべき努力事項7つでした。それぞれについてまた深く掘り下げて記事にしていきたいと思います。今記事の7つの項目で、絶対にこれは受け入れがたい…という項目があるのであれば日本人女性と婚活をした方が良いかもしれませんね。特に”家事を一緒に”のところは『結婚前にそういう価値観であることをしっかり伝えておけばいいでしょw』と軽く考えないでくださいね。

マクロン
マクロン

ではよい婚活を!ボンジョルネ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました